予算委員会(屋内遊戯施設の早期設置を)


本市で以前話題になりました、屋内遊戯施設について思うところがありまして、予算委員会で質問させていただきたました。

本市では、以前は「設置する」ということでしたが、場所、費用の面からまちづくり総合計画第2期では見送られることになりました。子育て世代からすると、非常に残念でなりません。だからと言って決して諦めたわけではなく、最小限の費用で最大限の効果を果たせる、一番早い道のりを提案させていただきましたところです。

現在、本市では公共施設等総合管理計画を作り、計画的に公共施設を減らしていく方針を固めています。私もこの計画には賛成で、施設の維持管理に莫大な費用がかかっている状況なのです。しかしながら、今後人口減少が続き、税収減少もダブルパンチできた場合に、ネックとなるのが、維持管理費用がかかる公共施設となります。財政が右肩上がりだった今までは、運動場や福祉施設など、なかった公共施設に関しては、どんどんと作ってきたところですが、現代ではなかなかそうは行きません。むしろ、財政が右肩下がりになる前にどんどんと減らしていかなければならない現状があり、利用率の低いところや重複する施設においては、統廃合を進めていかなければなりません。そうした中だからこそ、新しく建設することができないのも理解はできます。

調べてみますと、屋内遊戯施設のある他の自治体では、統廃合などで空いた公共施設を転用(改修)し、設置しているところもあります。近くですと、福島県伊達市やお隣の高畠町などなど。本市においても学校の統廃合が進められようとしています。私自身も、学校の統廃合によって空いた公共施設を利用して作ることが望ましいものと考えていました。

「いました」と述べましたが、なかなかそちらも難しいところであります。統廃合の対象となっているところで新しい施設といえば、六中や七中などがあります。がしかし、余裕教室などの問題で、ここ10年で統廃合となる可能性は極めて低いと思います。

市内を見渡していると、会議室やトレーニングルームなど、多くの重複した施設があるのはご存知でしょうか。特に私が気になった施設が、アクティー米沢です。この施設には体育館、トレーニングルーム、会議室を有していますが、他の施設と多くが重複しています。また、1階にある飲食店に関しても興味のある店舗があるそうですが、現在は空いている状況にあります。おそらくこの施設の利用者数では、飲食店としての採算性は低いのではないかと思われます。

アクティー米沢に関しては、平成5年にオープンし、今年で25年が経ちました。現在、天井外壁の改修工事を予定しているとのことですが、30年以上経つと、大規模改修をしなければならなくなってきます。そうした状況に合わせ、施設の利用を変更しても良いのではないかと思います。

子育て世代はわかるかと思いますが、このアクティー米沢の隣はすこやかセンターになっています。すこやかセンターには健康課もあり、母子手帳の交付もあるほか、子供達の検診で多くの方がいらっしゃいます。帰りに立ち寄るといった面からも立地はとてもいいところになっています。

もちろん、利用者からのご意見ご要望をいただかないことには始まりませんが、検討の余地は十二分にあると考えます。

アクティー(HPより)

お隣の高畠町では、旧高畠四中を木育を使った屋内遊戯施設に5億2000万円かけて改修しようとしています。具体的な内容については示されていませんが、本市でも新築、改修などどのような策がいいのかさらに議論を深めてまいりたいと思います。

関連になりますが、私が今まで提案してきましたすこやかセンターのプレイルームがようやく拡充されることになりました。拡充内容については、隣の会議室を含めて拡大させ、さらには遊具については木育ブロックを設置するとのことです。来年度にはお披露目できるかと思いますので、そちらもお楽しみに。

アクティー米沢

http://acty-yonezawa.com

アクティー米沢の施設概要

http://acty-yonezawa.com/guide/

 

予算委員会要約文

成澤和音委員  アクティー米沢指定管理事業費について、1Fのレストランについて入居していた喫茶店撤退したが、今後のレストランのスペースについてはどのように考えているのか。

商工課長 アクティー米沢のレストランについては、施設利用者の利便性を図るという目的で開いているものである。2月に公募をかけて1社の申込みがあった。新年度早めにオープンできるように検討しているところである。

成澤和音委員 "期間が開くのは仕方ない、次の出店があればいいとは思っている。ただ、アクティー米沢の利用者対象だけではなく、その店を目的に来るようなお店が来ないとまたすぐ徹底ということになってしまうと思っている。

また、店舗内の改修ができなかったりと条件が厳しすぎるのではないか。施設の改修等も含め条件を緩和するのが必要だと思うが、市が提示する条件をのんだ上で入居者は判断しているのか教えてほしい。"

商工課長 施設の改修については事業主の判断によりある程度できるようにしている。

成澤和音委員 ぜひ長く稼働できるように進めていただきたい。

成澤和音委員 屋内遊戯施設について、適正規模適正配置による学校の配置の関係もあるが、アクティー米沢を屋内遊戯施設にするのはどうか。

市長 "アクティー米沢もいろいろ検討してきたが現在の利用者の関係もあり困難と考えた。

まずは、すこやかセンターでの木育を中心として行っていき、今後2期計画や3期計画で条件が整って可能性であればしっかりと対応していきたい。"

成澤和音委員 "計画で終わってほしくない。今回様々理由から第2期計画に載らなかったが、3期には必ず載せて実施してほしい。利用者もいるが、他の施設の代替で提供することも可能だと思うのでぜひ進めていただきたい。

また、アクティー米沢は平成5年に建てられ25年が経つが、大規模改修の計画はあるのか。"

商工課長 2期の実施計画の中に記載しており、天井外壁の改修工事を予定しており、そこで大規模改修の予定でいる。

#屋内遊戯施設 #アクティー米沢